お覚えておきたい外壁塗装の施工業者の選び方を紹介します!
  1. 外壁塗装の施工業者の選び方を紹介

外壁塗装業者ってどうやって選べばいいの?

外壁塗装業者ってどうやって選べばいいの?

外壁塗装、皆さんは今までに何回経験がありますか?

私はもう40代ですが、外壁塗装の経験は数えるほどしかありません。なにせ10年に一度でいいといわれているものですから、業界の方でもないとなかなか外壁塗装のベテラン!という方はいないと思います。私もいざ母から外壁塗装の業者を探して欲しい、と頼まれたときは非常に困りました。

外壁塗装といっても、ハウスメーカーや工務店、外壁塗装の専門店など、施工してくれる業者はたくさんあります。しかし、どの業者がいいのかは比べようと思ってもなかなか難しいのが現実です。

そこで今回は、各外壁塗装業者の選び方について、それぞれのメリットとデメリットを挙げながら見ていこうと思います。

塗装専門業者メリット・デメリットを紹介

塗装専門業者のメリット

専門店だけあって施工の技術や経験が豊富な職人が在籍している

一級塗装技能士(国家資格)を持っている職人に施工してもらえることが多い

中間マージンが発生しないため余計なコストがかからず価格が安くなる

塗装専門業者に外壁塗装の施工を頼むメリットは、まずなんといっても専門性の高さですね。幅広くリフォームを行っているような業者は知名度も高く、施工実績も多いですが、「外壁塗装」という一点に絞った場合には知識や技術、ノウハウ、さらには価格の面でも専門業者に任せた方が優れていることが多いです。

質の良さと価格が両立するわけがない、と思ってしまいそうですが、施工を全て自社で行うことができるため下請けに仕事を回すコストがかからないんですね。また、信頼できる専門業者は自社内に腕のいい職人さんを抱えているので、一級塗装技能士という国家資格を持った職人さんに施工してもらえる可能性が高くなります。塗装の質を高くしてコストパフォーマンスを追求したいなら専門業者に頼むのが一番の候補だと思います。

塗装専門業者のデメリット

大手ハウスメーカー等に比べると知名度が低い

デメリットとして考えられるのは、あまり宣伝費などに費用を回さないことから地元や地域住民のみ、知る人ぞ知る業者のようになってしまっている点でしょうか。しかし、今はインターネットで検索すれば手軽に近所の外壁塗装業者を調べることができるので、まずは探してみることをおすすめします。

工務店のメリット・デメリットを紹介

工務店のメリット

地域密着型で大手ハウスメーカー等に比べると専門性が高い

広告費やモデルハウスの維持費がかからない分価格が安い

外壁塗装を工務店に依頼するメリットは、地元に根付いていることから確実な仕事が期待できることですね。地元の評判はダイレクトに経営につながりますから、一定の評価を長年得ている工務店なら手抜き工事などをされる危険は低いです。

また、大手ハウスメーカーのようにモデルハウスを公開しているケースもないので、維持に費用がかからない分、価格を下げることができています。

工務店のデメリット

下請け業者を利用している工務店に施工を依頼すると費用がかさむ

必ずしも外壁塗装に関する知識や経験が十分でない場合がある

一方でデメリットを挙げると、工務店は建築関係の総合的な仕事をこなすものであって、外壁塗装を専門に取り扱っているわけではない、という点です。どうしても専門業者に比べるとノウハウがないといった場合が考えられます。

そして最も注意したいのが、工務店でも下請け業者を利用していることがある、ということです。下請け業者に依頼をすると中間マージンがかかるので価格が上がってしまうため、下請けを行っていない工務店を選ぶことが重要です。

ハウスメーカーのメリット

ハウスメーカーのメリット

大手だからこそできる安心の保証制度を用意している

小規模な工務店等に比べて倒産の可能性が低い

外壁塗装をハウスメーカーに依頼する場合、専門業者や工務店とはまた違った見方をする必要があります。ハウスメーカーの強みは工務店などに比べて規模が大きく、倒産の危険が少ないこと。そのため、施工店が潰れているといった心配もなくフォローが期待できます。

保証制度についても様々なプランを用意している場合が多いので、アフターサービスを第一に考えるなら候補になりますね。

ハウスメーカーのデメリット

ハウスメーカーの役割は基本的にパイプ役でしかなく中間マージンが発生する

ハウスメーカーの実際の塗装技術や知識に専門性は期待できない

外壁塗装の施工でハウスメーカーを選ぶ際に絶対に覚えておかなければならないのは、ハウスメーカーは多くがパイプ役だということです。つまりは施工にあたって下請け業者が存在するため、中間マージンが発生し自然とコストも高くなります。価格を抑えることを念頭に置くなら避けた方が無難かもしれません。

総合リフォーム店のメリット・デメリットを紹介

総合リフォーム店のメリット

外壁塗装をお願いするときにほかの場所の不具合も見てもらえる

下請け会社の教育がしっかりと行われているので仕事が確実

総合リフォーム店に外壁塗装を依頼するメリットは、外壁塗装に留まらない家の修復を頼めるという点にあります。住宅の劣化というものは外壁のみに限った話ではありません。ほかに不具合のある箇所を見つけ、修復してくれるのは心強いものがあります。

総合リフォーム店のデメリット

下請け業者を利用するケースも多いので価格が高くなりがち

外壁塗装に関する知識が豊富でない場合もある

上で多様な知識や技術を持っていることがメリットだと書きましたが、これは裏を返せば外壁塗装の専門知識が不足している危険性もはらんでいます。もともと外壁塗装が専門だった業者がリフォーム店になっている場合なら大丈夫ですが、全てがそうではありません。そういった場合、外壁塗装には下請け業者を使っていることもあるので、どの程度実績があるのかは確認しておいた方がいいでしょう。

関連リンク