なぜ外壁塗装のDIYがおすすめできないのか?
  1. 外壁塗装のDIYをおすすめできない理由

外壁塗装のDIYをおすすめできない理由

外壁塗装のDIYをおすすめできない理由

最近は日曜大工、DIYをする方が増えていますよね。テレビでもDIYでいろんな家具を作っている芸能人もいますから、私もちょっと憧れてやってみようかな、と思ったことがあります。父や母の足腰が弱くなってきてここに戸棚があれば・・・と思ったりしても、なかなかぴったりなサイズが見つからないこともありますものね。そういうときDIYができたら便利だし、何より楽しいだろうな、と思います。

しかし、ちょっとした家具程度ならまだしも、外壁塗装となると話は別です。塗料などは市販されていますし、やろうと思えばできないことはありませんが、正直素人が施工するのはあまりおすすめできません。その理由について、今回はお話ししていきますね。

外壁塗装業者に聞いたDIYで外壁塗装がおすすめできない理由その1「危険」

外壁塗装業者に聞いたDIYで外壁塗装がおすすめできない理由その1「危険」

実際に外壁塗装業者に向けて行われたアンケートでも、DIYによる外壁塗装は95%の業者が「おすすめできない」と答えています。その一番の理由はやはり「危険」だからです。

プロの外壁塗装業者が施工する環境を思い浮かべていただければわかりやすいかと思うのですが、外壁塗装を行う際はまず一日かけてしっかりと足場を作りますよね。あの足場代でも料金を取られているくらいですから、素人が梯子や脚立で作業をすること自体が大変危険なんです。

一人で作業を行う場合、梯子を固定しておくことは困難ですし、梯子ごと倒れてしまう可能性もあります。骨折ならまだしも、死亡事故につながるおそれもあります。塗装工事中の死亡事故のうち、実に7割が転落や墜落が原因であることを考えればその危険性の高さがわかります。

外壁塗装業者に聞いたDIYで外壁塗装がおすすめできない理由その2「長持ちしないし、長い目で見ると高くつく」

外壁塗装業者に聞いたDIYで外壁塗装がおすすめできない理由その2「長持ちしないし、長い目で見ると高くつく」

また、もし怪我などがなく無事に塗装を終えることができたとしても、ホームセンターで購入できる市販の塗料はプロの業者が扱うものと比べると品質的に劣ることがほとんどです。具体的にいうと、例えばよく使われるシリコン塗料でも市販品とプロの業者のものでは耐用年数が数年違ってくるんです。

それならインターネットでプロの業者が使うものを購入すればいいのでは、と思うかもしれませんが、これもおすすめはできません。塗料にはメーカーが定めている規定の厚みがありますが素人がその通りに塗装を行うのは至難の業です。そのため、品質がいい塗料を使用したとしても本来の性能は発揮しにくく、せっかく塗装をしても長持ちしないんです。

こうしたことから考えると、プロの業者に頼むより外壁の塗り替えスパンが短くなり、結果的に外壁塗装にかける費用は高くなってしまいます。外壁塗装をプロの業者に依頼すると80万円、100万円とかかってしまうことも多いので、DIYで20~30万円程度であることを考えると業者は高いと感じるかもしれません。ですがDIYで失敗してからプロの業者に頼むとなるとケレン作業で余計に手間がかかり、高くなる場合も・・・。

素人がDIYで外壁塗装を行うのは総合的に見ると全くといっていいほどメリットがないので、私は素直に信頼できる外壁塗装業者を探した方がいいと思います。

関連リンク