ベランダの塗装について

ベランダの塗装

ベランダの塗装

外壁塗装、屋根塗装、ときて忘れたくないのがベランダの塗装ですね。ベランダの塗装といわれてもいまいちピンとこない方が多いかもしれませんが、ちょっと視線を落としてよくよく見てみると案外劣化しているものなんです。

ベランダの劣化は放っておくと雨漏りの原因にもなりますから、気付いた時点で早めに塗装を行っておきたいですね。

ベランダ塗装の工法には主に3種類あります。

○FRP防水工法(一般的な4×1mベランダで10~15万円程度)

○ウレタン防水塗装工法(一般的なベランダで8~10万円程度)

○シート防水塗装工法(一般的なベランダで7~9万円程度)

このうち、最もポピュラーなのが「FRP防水工法」ですね。3つの中で最も平米単価は高いものの、高い防水性能・耐熱性能・耐久性能を持っています。一方で一番安い「シート防水塗装工法」の場合はシートが劣化した際にシートごと交換するため、撤去代で費用がかかることがあり、あまりおすすめできません。将来のことまで考えて工法を選びたいですね。

ベランダの劣化別費用を紹介

ベランダの劣化別費用を紹介

では具体的にベランダの劣化にはどんなものがあるか、説明していきたいと思います。自宅のベランダをよくよく見てこの劣化がある、となれば業者に依頼して早めに直してもらうようにしましょう。

【はがれ】(一般的なベランダで10~15万円程度)

表面のトップコートのみなのか、防水層まではがれてしまっているのかで費用が大きく異なります。トップコートのみならDIYでもなんとかなることがありますが、防水層からめくれていたら業者に頼んでシートや塗料を一度全て撤去し、工事してもらうべきです。

【水たまり】(一般的なベランダで5~7万円程度)

ベランダの水が排水溝に流れず溜まってしまう場合、その原因は下地の勾配不足にあります。さすがに自分で勾配をつけるわけにもいきませんから、これも業者に頼むしかありません。

【ヒビ】(一般的なベランダで7~15万円程度)

ヒビは工法によって費用が変わってきますが、施工後すぐに発生したものは工法ミスであることが多いです。そのため、気付いたらすぐに業者に連絡することで保証期間内に無料で直してもらえます。一方で経年劣化によるヒビもあるので見つけたら業者に連絡しましょう。

【雨漏り、漏水】(一般的なベランダで10~20万円程度)

雨漏りや漏水までいってしまうとほかの工事に比べて費用も高くなってしまいます。明らかに大きなヒビ割れがあって原因が特定できる、というわけでなければ、シートや防水層、トップコート、下地など、様々な原因が考えられます。信頼できる業者に見てもらい、適切な処置をしてもらう必要があります。