マンションの外壁塗装について

マンションの外壁塗装の耐用年数は?

マンションの外壁塗装の耐用年数は?

マンションは多数の入居者がいますから、外壁の汚れは入居者の不満のもととなったり、入居率にも影響してきます。同じようなマンションが2つ候補にあったとしたら、やっぱり美観がいい方を選びますよね。

そしてオーナーにしても、マンションを長持ちさせるために外壁塗装は欠かせないのです。外壁塗装によって十分な防水対策が取れていないと建物全体の劣化にもつながりますから定期的に行っていく必要があります。ただ、マンションの場合は一般的な一戸建てとは建物の作りが違いますから、それぞれ以下のような耐用年数だということを覚えておくようにしましょう。

外壁塗装 約8~10年
屋上防水 約10年
トップコートの貼り替え→約5年
鉄部塗装 約5年
共用廊下(床・天井・壁) 約10年

もし外壁にヒビやサビなどを見つけたら、工事してから目安となる耐用年数が経過していなくてもすぐに業者に連絡し、施工をお願いすべきです。これは雨漏りも同様で、放っておくと最終的にかかる費用がどんどん大きくなってしまいます。手入れを怠らないことが大切ですね。

マンションの外壁塗装の平均的な費用は?

マンションの外壁塗装の平均的な費用は?

ではマンションの外壁塗装を行う場合、どれくらいの費用がかかるものなのでしょうか。マンションに限らず、私は外壁塗装を行うなら絶対に相見積もりを出すべきだと考えています。というのも、使用する塗料の質や中間マージンによって各業者ごとの見積もり価格にはかなりの差があり、一社だけで決めてしまうと損をすることがあるんですね。

相見積もりを出した際の例がこのようになっています。

マンションの階数 外壁塗装面積 業者A 業者B 業者C
3階建て 780㎡ 280万円 385万円 130万円
4階建て 1,030㎡ 360万円 510万円 455万円
5階建て 1,290㎡ 460万円 650万円 570万円
6階建て 1,550㎡ 550万円 780万円 690万円
7階建て 1,800㎡ 640万円 895万円 795万円

各業者によってかなりの開きが出ていますね。これは塗料の違いということも考えられるのですが、ほかに足場の問題の可能性もあります。

マンションは足場代を全体の2~3割も取られるほど非常に高額になるので、「無足場工法」という足場を使用せずに施工することができるかどうかで費用が大幅に変わる場合があります。外壁塗装等を行う際には業者に無足場工法が可能か確認しておくことをおすすめします。

また、費用とは別にマンションならではの配慮が必要なこととして、外壁塗装工事を行うなら入居者への周知は必ず行っておかなければいけません。一戸建ては外壁塗装にかかる期間は長くでも二週間から20日ほどですが、マンションは最低でも1ヶ月、長くなると4ヶ月もかかることがあります。

外壁塗装工事中は洗濯物を自由に干すことができなくなったり、ベランダの整理を行わなければならなくなったりするため、少なくとも工事が始まる3ヶ月前には入居者へ周知しておかないと、後になって苦情が出てくるかもしれません。マンションにしかない注意事項があって大変ですが、入居者への説明会なども積極的に協力してもらえる実績のある業者に頼むことで円滑に進めることができるでしょう。