火災保険が適用される外壁塗装の条件についてご紹介しています。
【埼玉県版】外壁塗装がおすすめの塗装業者徹底比較
  1. 外壁塗装に火災保険が適用される条件

外壁の塗装に火災保険を使えるケースがある

外壁塗装に火災保険が適用される条件は?

外壁塗装に火災保険が適用される条件は?

外壁の塗装に火災保険を使える場合があることはご存じでしたか?もし、条件にあてはまるのであれば利用がおすすめです!

火災保険の種類

火災保険は大きくわけて3タイプで「住宅火災保険」「住宅総合保険」「新タイプの保険」です。新タイプの保険では従来の住宅総合保険より補償の範囲が拡大しているため、敷地内にある野外設備も補償の範囲となり、補償額に制限がなく実損額で保証されます。前者の2タイプの保険の適用範囲については下記に表でまとめましたので参考にしてみてください。

項目 住宅火災保険 住宅総合保険
火災 〇 〇
落雷 〇 〇
破裂・爆発 〇 〇
風災 〇 〇
水害 × 〇
水濡れ × 〇
暴行・破壊 × 〇
飛来・落下・衝突 × 〇
盗難 × 〇

住宅火災保険と住宅総合保険の違い

「住宅火災保険」とは、火災や落雷、破裂、爆発、風、雹、雪災による損害を補償する、最も一般的な火災保険です。洪水や高潮などによる「水害」や、暴行・盗難・衝突などによる損壊は保険対象外となります。

一方の「住宅総合保険」とは、住宅火災の補償内容に加え、落下物・衝突・水濡れ・盗難・水災などによる損害や、持ち出し家財の損害を補償するタイプの火災保険になります。

経年劣化や老朽化での火災保険適用は?

経年劣化や老朽化での火災保険適用は?

どんな火災保険でも、外壁材特有の性質による摩耗・変質・変色といった「経年や老朽による劣化」については、絶対に「適用外」となることを覚えておきましょう。たとえば、長年の雨風にさらされて外壁がひび割れたりしたとします。これは雨や風といった風災にかかわる自然現象によって受けたダメージに違いありませんが、しかしその経緯を考慮すると「経年劣化」のひとつになりますので風災とは見なされません。

そう言われると、多くの人が「自分の家は明らかに経年劣化だから駄目だろう」「明らかに自然現象による損害ではないから駄目だろう」と考え、火災保険のことなど考えもせずに塗り替え工事を進めてしまいます。しかし、明らかに経年劣化と見なされる損壊の中にも、気が付いていない場所で風災による被害が起こっているという場合もあります。これにより、経年劣化の部分まで一緒に修復することが可能になることもあるのです。

素人目に見て「明らかに経年劣化だ」と思えるようなケースでも、万が一大きな損となることも有り得なくはありませんので、判断は必ずプロの目に任せましょう。

火災保険が適用されるまでの手順

火災保険が適用されるまでの手順

火災保険を適用したい事象が発生したときのために、申請の手順や、適用されるまでの流れを事前に把握しておきたいですよね。どのような手続きを踏めば保険金が支払われるのかについて確認しておきましょう!

  • 保険会社に連絡して損害の状況を伝える
  • 必要書類を準備し、保険会社に申請する
  • 書類が受理されると、保険会社から事実確認のために損害鑑定人が派遣される
  • 鑑定人による審査に通れば、保険金が支払われる

申請から支払いまでの手順は上記の通りです。その際に注意すべきポイントを以下に3点まとめておきます。

  1. 火災保険申請に必要な書類は不備のないように揃える 必要な書類の主なものは、「保険金の請求書」、「事故の報告書」、「修理した箇所の工事見積書」の3点です。それぞれ記載漏れや不備のないように揃えしょう。
  2. 添付する写真も準備する 損害箇所は写真に撮っておき、申請の際にその損害と申請内容が一致することを補強する資料としましょう。
  3. 見積書は業者に頼む 見積書を自分で作成することは困難なので、修理をしてくれる業者に頼んで作ってもらうことがおすすめです。保険会社へ提出すると伝えればスムーズに作成してもらえます。

報告書の作成などもわからないことはどんどん保険会社へ問い合わせ、記載漏れがない適正な書類を提出することで申請手続きがスムーズに進みます。また、保険適用の対象かどうかを判断するのは損害鑑定人なので、第三者が見て判断できる書類を揃えることが大切です。

悪徳業者「保険を使えば無料で塗装工事ができます」の言葉に要注意!

悪徳業者「保険を使えば無料で塗装工事ができます」の言葉に要注意!

保険を適用することで安くなるというのは大変良いニュースですが、これを利用して近づいてくる悪徳業者もいます。外壁の塗り替えなどを検討するときに大切なことは「悪徳業者」と「良心的な業者」の存在を知り、「良心的な業者」に工事を依頼することです。では、悪徳業者の手口とはどのようなものでしょうか。

例えば、わかりやすいのは「保険を利用すれば必ず無料で修理できますよ」などと言いきって工事を受注しようとする業者です。ここで問題となるのは「必ず無料」ということです。なぜならば、実際に支払われる保険料は加入している保険会社やプランによって違いますし、全額無料になるかどうかは審査によって判断されるので、施工業者がわかることではありません。このようにとてもお得に聞こえる話だけをする業者には注意をする必要があります。

それ以外にも「保険請求の代行」を謳って勧誘する業者も避けるべきです。本来、保険は自分で申請しなければ契約違反になります。仮に受理された場合でも、代行業者は保険金から自分たちの利益を差し引き、その内訳を知らせてくれないケースがほとんどです。

面倒な作業は全て代行してあげますよといった甘い話には必ず裏がありますので気をつけてください。やはり、地元で評判のいい会社や塗り替えの実績がある会社を選ぶことが良心的な業者選びのコツです。

ページのトップへ