外壁塗装の費用をご紹介しています。
【埼玉県版】外壁塗装がおすすめの塗装業者徹底比較
  1. 外壁塗装の費用

外壁塗装の費用って?

外壁塗装の費用は実際のところ、どれくらいかかるものなんでしょうか?

かかる費用は塗装面積や劣化具合によっても変わってくるため、一概にいくら、と言うことは難しいですが、一般的には2階建て住宅だと80万円~150万円程度が相場と言われています。

ただ、複数の業者に相見積もりを頼んでみても、業者によって見積書の書き方が全然違う・・・なんてこともあるんですよね。そうなると見積書を出してもらったら見るのは合計金額だけになってしまう、ということにもなりかねません。

適正価格で施工をしてもらうためにも、見積もりを正確に把握できるようになりましょう!

外壁塗装の費用を大公開!

アクリル塗料とは

外壁塗装の見積書は素人には少しわかりにくいですが、1㎡(平方メートル)あたりの単価、平米単価と呼ばれるもので計算します。仮に外壁の塗装面積が130㎡、屋根の塗装面積が80㎡で現在主流となっているシリコン塗料を選んだとしたら、以下のような見積もりになってきます。

項目 平米単価 面積 金額
足場 800円 160㎡ 12万8,000円
高圧洗浄 200円 210㎡ 4万2,000円
養生 400円 160㎡ 6万4,000円
下地補修 3万円
外壁塗装 下塗り+シリコン塗料2回 3,000円 130㎡×2 78万円
屋根塗装 下塗り+シリコン塗料2回 1,800円 80㎡×2 28万8,000円
合計 133万2,000円

上の例では合計で100万円を超えてしまいましたが、ここで見ていただきたいのは「平米単価」です。見積もりが適正価格なのかを判断する場合、合計金額よりも平米単価で見た方がわかりやすいと思います。

外壁塗装の基本的な工事項目の単価について下にまとめるので、もし見積書に記載された金額と大幅に離れているようなら注意した方がいいかもしれません。特に、高すぎるものはもちろんですが、安すぎるケースも安心はできません。経費を削減するために手抜き工事を行っていたり、人件費を抑えようとして素人のスタッフが施工している・・・なんてことも考えられますからね。

項目 種類 平均平米単価
足場(2階住宅) 600~800円
高圧洗浄 200~250円
養生 300~500円
飛散防止ネット 100~180円
シーリング 打ち替え 900~1,200円
打ち直し 700~900円
下地補修 1万7,000~2万円
下塗り 600~900円
外壁塗装 アクリル 1,000~1,200円
ウレタン 1,800~2,000円
シリコン 2,500~3,500円
フッ素 3,500~4,500円
光触媒・無機 5,000円~5,500円
遮熱・断熱(ガイナ) 5,000円~5,500円
木部・鉄部塗装 アクリル 1,000~1,200円
ウレタン 1,800~2,000円
シリコン 2,500~3,500円
フッ素 3,500~4,500円
雨樋 アクリル 1,000~1,200円/m
ウレタン 1,000~1,200円/m
シリコン 1,300~1,800円/m
フッ素 2,500~3,500円/m
破風 650~800円
軒天 800~1,000円
雨戸 1枚2,000~3,000円

このように、平米単価で見ると、どこに何がいくら必要なのかがわかりますよ。

概算見積りの注意点

概算見積りの注意点

外壁塗装を業者に依頼しようと思ったとき、始めに出される無料見積りというのは、大抵の場合、建坪だけを参考にして算出されている「概算見積り」です。概算見積りはおおよその施工金額を求めることはできますが、「60万円から100万円」という具合に幅があり、正確な金額ではありません。

工事費用は、建坪だけでは分からない建物の形状や状態、周辺の環境などによっても上下します。概算見積りと最終見積りとでは、30万円も金額が変わったということはよくあることですから、工事請負契約の前に必ず業者に建物を見てもらい、最終見積りを出してもらうにしましょう。

以下に「概算見積り」と「最終見積り」の金額が大きく変わるポイントについてご紹介いたしますので、ぜひご参考になさってみてくださいね。

建坪が同じでも外壁1周の長さが違う

建坪が同じでも外壁1周の長さが違う

上のイラストはどちらも延べ床面積が50㎡の平屋です。建坪が同じだとしても、このように建物の形状が違えば外壁1周の長さが変わり、塗装面積も大きく変わってくるため、より多くの塗料を使うことになり施工金額は高くなります。建坪(坪数)と塗装面積は必ずしもイコールではないということを理解しておきましょう。

足場の組みやすさ

30坪程の一般的な住宅であれば、足場代は約15~20万円が相場と言われていますが、住宅の形状が複雑であるほど足場を多くかける必要があるため、家の形状によっては坪数が少なくても足場台が高くつく可能性があります。

また、隣の家との距離が狭い場合は足場を組み立てる作業にも時間がかかるため、その分費用も高くなりがちです。

外壁材の種類や劣化具合

付帯部分に大きな傷みがあったり、外壁の種類が違うと費用も変わってきます。外壁の状態による費用の変化については、以下の通りです。

  1. 外壁材の劣化 壁面のひび割れなどひどい劣化が見られる場合には、クラック補修などの下地を調整するための作業費用がかかります。
  2. 木部や鉄部の劣化 木部や鉄部は外壁より早く傷むため、外壁材よりも劣化が進んでいる可能性があります。大工や板金屋の修繕工事が必要となる場合には、修繕費も高額になります。
  3. 外壁材の種類 外壁材の種類により塗料の使用量が変わります。サイディング外壁の場合は、シーリング打ち替えか打ち増しが必要ですので、シーリング材費と工賃もプラスされます。
  4. 窓サッシの種類 窓が木製木製場合は別途塗装工事が必要になる場合があり、その分費用も上乗せされます。

外壁塗装の費用に関するトラブル

外壁塗装の費用に関するトラブル

外壁塗装に関するトラブルは様々ありますが、ここでは「料金トラブル」についてもっとも多く被害が発生している事例についてご紹介いたします。

外壁塗装の料金トラブル①違約金を請求された

訪問販売で強引に契約を迫られ応じてしまったが場合に、考え直して解約したいということを伝えた際、高額な違約金が発生すると言われるといったケースは少なくありません。解約を申し出る際には、「クーリングオフ」を利用する旨を伝えましょう。

クーリングオフは商品や権利の販売・役務に関して適用されるもので、外壁塗装においても例外ではありません。飛び込み営業で契約した住宅に関する工事でも、業者側から法定書面を受け取った日から起算して8日以内と特定商取引法において定められており、その期間内であればキャンセル料や違約金などは発生しません。

外壁塗装の料金トラブル②追加料金を請求された

見積りの際にはお得な額を提示しておき、いざ工事が始まってからオプション工事を追加することで、請求額を吊り上げるという悪徳業者も存在します。

「含まれていると思っていた箇所の料金が含まれておらず上乗せされた」「塗装してもらえると思っていた箇所が含まれていなかった」といった料金トラブルを防ぐためには、見積書を確認する際、ひとつひとつの項目について、そこには何が含まれているのかを必ず確認するようにしましょう。このときに追加工事の可能性を業者に確認しておくことも大切です。

ページのトップへ