外壁塗装の業者選びの落とし穴についてご紹介しています。
【埼玉県版】外壁塗装がおすすめの塗装業者徹底比較
  1. 外壁塗装の業者選びの落とし穴

外壁塗装の業者選びの落とし穴

いろいろな外壁塗装業者を比較して選ぼうと思いインターネットで検索をすると、「一括見積もり」ができるサイトがすぐ目に入りますよね。私も最初、これは便利だと思って使ってみたのですが、後になってそれが失敗だったと知ったんです・・・。

ここでは外壁塗装業者選びをする際にありがちな落とし穴について、私が得た教訓をもとにお話ししていきます。一括見積もりができるサイトから業者へ見積もり依頼を出すのは利用者にとって手軽で楽ではありますが、それがイコール良質な業者に出会えるわけではないことをまず知っておきましょう。

見積もりをおろそかにすると大失敗する恐れが!

見積もりをおろそかにすると大失敗する恐れが!

まず、外壁塗装の一括見積もりサイトがどんな仕組みで運営されているかを知っておくと、なぜそういったサイトを利用すべきでないのかがわかります。というのも、一括で無料見積もりをすることで業者選びを円滑に進めることができる、とうたっているサイトは紹介料をもらっているんです。

私たちのような塗装の知識のない素人が良い業者を探そうと思っても、何を基準にしたらいいのかさっぱりわからないことがほとんどです。少しでも腕のいい職人さんに施工を頼みたいのは当然、ぼったくりにも遭いたくない。しかし、どんな職人さんが優秀なのか、相場はいくらなのか、といった部分は比較しようにも難しいんですよね。だからこそ相見積もりをするわけですが、いくつものサイトで入力したり、何社も電話をかけて説明をしたり、訪問の日程を合わせたり・・・そんな労力をかける余裕があまりないのも事実です。

一括見積もりを行っているサイトはそこにつけ込んできて、ここで見積もりを出せば代金が安くなる、複数業者の見積もりが出るから相場がわかる、とうたい一回情報を入力しただけで見積もりを出し、加盟塗装業者を無料で紹介してきます。これは一見とても簡単で、利用者のことを考えたシステムのように思えます。しかし、ここにはいくつもの落とし穴が潜んでいて、地道に一社ずつ見積もりをした方が良かった、と私は使ってから思いました。

一括見積もりサイトを通して紹介された業者はサイト側に「案件紹介料」(1万円~2万円程度が多いようです)を支払います。さらに成約までこぎつければ、契約金額の10%~20%を成功報酬としてサイト側に支払うのですね。もうなんとなく理解されたと思いますが、この紹介料や成功報酬はサイトを利用する私たちの見積もり額に上乗せされているんです。つまりは大手ハウスメーカーが下請けに仕事を紹介するようなもので、見積もりの中には中間マージンが含まれてしまい、結果的に本来の価格よりも高くなります。

例えば、優良な外壁塗装業者にまともな見積もりを出してもらった場合に100万円になる場合でも、一括見積もりサイトから紹介された業者の見積もりだと、案件紹介料として2万円、成功報酬として20万円、合計で122万円まで膨らむ・・・といった仕組みです。いくら「無料で一括見積もり」といっても、それはサイトの利用が無料というだけ。見積もり額が塗装作業とは関係のないところでかさ増しされていることはサイトの利用者には知らされず、私たちに気付かれないようこっそりやり取りされているわけです。少しでも安い業者を探したくて一括見積もりをしたのに実は余計なお金を取られているなんて腹立たしいですよね。

しかも、悪質なサイトになると聞いたこともないような業者が登録していて、施工内容も散々な結果に終わる・・・なんてこともあるようです。そもそも顧客から信頼されている優良業者は一括見積もりサイトから利用者を紹介してもらう必要がないので登録すらしていない、というのはよくあることなんですね。

私の場合、母から外壁塗装業者を選んでくれと頼まれてすぐは探し方がさっぱりわからず、一括見積もりサイトで見積もりを依頼しました。すると複数の業者から電話がかかってきて、実家を見てもらい見積もりを出したんです。しかし、いろいろと調べていく中で見積もり額に疑問を持ち、私は外壁塗装を専門に扱っている業者にも見積もりをお願いしてみることにしました。すると金額が何十万円の単位で違っていたんです。本当にびっくりしました・・・しかもその一括見積もりサイトを通じて見積もりを出してもらった業者は足場代がなかったりしたので、あと少しでさらに高額な契約をしてしまうところでした。

外壁塗装業者選びはほとんどの方が素人です。そこを狙って私たちからあの手この手でお金を騙し取ろうとする悪質な業者もサイトもありますが、そういったところに引っ掛からないようにしましょう。実際に施工してもらった友人からの紹介や、めんどくさがらず自分でいろんな業者に見積もりを出すことで優良な業者に出会える可能性が広がっていきますよ。

なぜ、トラブルが起こるのか

なぜ、トラブルが起こるのか

外壁塗装工事において、業者とトラブルになる要因の大半は、外壁塗装に関する知識が必要になる場面で、素人の私たちには何が正しく安心な工事なのか、どのくらいの価格が適正なのかといった判断ができないために、単純に見積金額を比較し、費用が安い業者にお願いをして、任せっぱなしにしてしまうことによって起こります。

もちろん、一番の原因は悪徳な業者が正しい塗装工事を行ってくれないことや、適正な価格でサービス提供をしてくれないところにありますが、しかし、お願いする私たちにも、きちんと下調べをし、優良な業者をきちんと見極めようという努力が足りていないのかも知れません。

以下のような考え方にご自身が陥っていないか、今一度確認して改めるようにしましょう。

  • とにかく安いところにお願いしようと思っている
  • どの業者にお願いしても仕上がりは同じだと思っている
  • 見積を数社にお願いするのは面倒だ
  • 塗装に関する知識はないので、すべてお任せしようと思っている

トラブルを防ぐための業者選び

トラブルを防ぐための業者選び

業者とのトラブルを未然に防ぐため、業者選びの際に私たちが注意深く確認すべき点についてまとめましたので、ぜひご参考になさってみてください。

建物診断のやり方や内容は信頼できるか

建物の劣化状況や状態を事前にしっかりと診断しなければ、適切な外壁塗装工事はできません。家の正面だけでなく側面や裏側、高いところや低いところなどもじっくりと観察し、診断結果をしっかりと報告・説明してくれる業者を選ぶようにしましょう。「どの業者も当然ちゃんとするはず」と思ってしまいがちですが、現状を確認する前に見積もりを出すようなところも少なくありません。

また、どんなにしっかりと確認を行ってくれたとしても、その人が営業担当者であるなど、資格を持った外壁塗装のプロでなければ意味がありません。誰の目にも明らかな劣化だけで判断するのではなく、資格を持った診断のプロがしっかりと事前診断を行ってくれて、専門的な診断結果に基き、外壁塗装の状況に合った工事の提案をしてくれるところが安心です。

見積書の書き方や内容は信頼できるか

外壁塗装業者を選ぶ際、比較ポイントとしていちばん分かりやすいのが見積書や見積もり価格です。単純に値段が安い・高いで判断するのではなく、なぜその値段になったのか、内訳や単価、面積、塗料の種類や塗りの回数、塗装工事以外の養生・足場・マスキング・高圧洗浄などの費用についても明記されているかどうかを確認しましょう。

業者によって見積書の項目名も単価も書き方も異なるため、比較することが難しく悩んでしまう人も少なくないようですが、使用する塗料の商品名や缶数、塗装面積などがきちんと明記されていれば、その単価が適正か否かというのは素人でもある程度判断することができます。

特に、見積書に「一式」表記があれば、そこには何が含まれているのかを必ず確認するようにしましょう。雨樋や雨戸などの付帯部と呼ばれる部分については見落とされがちなので、注意深くチェックしたいところです。

保証とアフターフォローは充実しているか

外壁塗装工事においては、施工前や施工中だけでなく、施工後しばらく経った後に不良が明らかになるケースもあります。「間もなく塗膜が浮いてきた」といった施工不備はいわゆる「手抜き工事」の疑いがありますが、悪徳業者であった場合、何かと理由を付けて対応してくれないということも少なくありません。こうしたトラブルを避けるためには、アフターフォローや保証内容について、しっかりと書面で提示している業者を選ぶようにしましょう。

保証には、塗料メーカーが自社製品の品質保証をするための「製品保証」と、施工店が工事内容を保証するための「工事保証」がありますが、特に「工事保証」の保証期間や保証内容が充実した施工業者が安心です。また、工事終了後の定期点検や、補修対応についてもチェックしておきましょう。

ページのトップへ