外壁塗装の耐用年数についてご紹介しています。
【埼玉県版】外壁塗装がおすすめの塗装業者徹底比較
  1. 外壁塗装の耐用年数

外壁塗装の気になる耐用年数と減価償却について

皆さんは外壁塗装の耐用年数と減価償却がどんなものか知っていますか?

耐用年数ならなんとなくわかるけど、減価償却なんて初めて聞いた、という方もいると思います。少し難しそうな話ですが、減価償却は事業用に不動産を扱う方にとっては会計に関わることなのでとても重要です。そういった立場にあるのであれば外壁塗装を行うにあたって知っておいて損はありません。

ここでは外壁塗装の耐用年数と減価償却の関係について詳しく説明していきますね。

外壁塗装の耐用年数とは?

外壁塗装の耐用年数とは?

減価償却を考える際、「法定耐用年数」というものが重要になってきますが、外壁塗装そのものには法的な耐用年数はありません。もちろん塗料としての耐用年数は存在しますし、塗料の種類によって5年~10年、あるいは20年など、大きな幅も存在します。しかし法定耐用年数はこれとは別に定められたものなんです。

事業のために資本的支出とみなされる外壁塗装を行った場合、法定耐用年数には施工した建物のものが適用となります。このとき、「修繕費」になるか「支出」になるかで会計処理には大きな違いが出ます。

修繕費とみなされるのは、主に建物の維持に必要不可欠な工事だった場合です。破損した箇所を回復させたり、経年劣化によって使えなくなった設備の交換などですね。これは必要経費として計上されます。一方で建物の価値を高めた、資産的価値が上がったと見なされる外壁塗装だったなら、「資産価値が上昇すると判断された工事」として費用は減価償却の対象として支出扱いになります。

外壁塗装の減価償却とは?

ではそもそも「減価償却」とは何かというと、時間の経過や、使用によって価値が減少する固定資産を耐用年数に応じて費用計上していくことをいいます。ちょっとややこしい言い方ですが、例えば事業用に購入した建物や車、パソコンといった資産の取得費用を数年に分割し、経費として計上する手続きを行うのです。

不動産も車も年数が経過するごとに価値も低下していきますよね。この低下分を減少した資産の価値、すなわち減価と考えてその年の支出とするんです。これは簡単にいうと、一度に費用として計上すると大赤字になってしまうから、何年かにわけて少しずつ計上していった方が会計上望ましい、ということなんですね。

修繕費となっても資本的支出となっても、最終的に必要経費として算入できる額に違いは生じません。では結局のところ、外壁塗装は修繕費と資本的支出、どちらで計上した方がメリットがあるのかというと、不動産運用をしている方からすると単年で計上できる修繕費として計上した方が望ましいという考えの方が多いです。しかしどちらにも節税などの面でメリットとデメリットがありますし、会計処理が異なったり、確定申告時に影響が出ることもあるため、違いは把握しておくことが重要ですね。

塗料の耐用年数

塗料の耐用年数

外壁塗料には、それぞれの商品に、種類によって異なる「耐用年数」の目安があります。代表的な「アクリル塗料」「ウレタン塗料」「シリコン塗料」「フッ素塗料」について、長い目で見たときにどれがいちばんお得がどうかを検討するためにも、それぞれの耐用年数の目安と平米単価をまとめましたので、ぜひご参考になさってみてください。

塗料の種類 耐用年数 平米単価
アクリル塗料 約5~8年 1,000~1,200円
ウレタン系塗料 約7~10年 1,800~2,000円
シリコン塗料 約10年 2,500~3,500円
フッ素系塗料 約15年~20年 3,500~4,500円

建物の耐用年数

建物の耐用年数

外壁塗料だけでなく、外壁材そのものにも耐用年数があり、欠けや剥がれの補修といった定期メンテナンスを行う必要があるということを忘れてはいけません。壁そのもののメンテナンス周期を、外壁塗料の耐用年数と合わせることで、壁の補修工事と塗装工事を一度に終わらせることができるため、大幅なコストカットにつながります。

外壁材 耐用年数 補修時期
タイル 約40年 メンテナンス不要
モルタル壁 約30年 8~10年
窯業系サイディングボード 約40年 7~8年
金属系サイディングボード 約40年 15年~20年
木質系サイディングボード 約40年 8~12年
樹脂系サイディングボード 約20年 10~20年
コンクリート壁 約60年 15~20年
ALCボード 約60年 10~15年

耐用年数を長く保つための外壁塗装工事

耐用年数を長く保つための外壁塗装工事

「防水」「防カビ」性能を備えた塗料を選ぶ

防水塗料は、別名「弾性塗料」とも呼ばれ、塗膜に柔らかさがあることで、建物自体にひびが入っても、塗膜がしっかり保たれていれば水の浸入を防ぐことができる塗料です。これにより、塗料そのものの耐用年数を延ばす他、ひび割れからの雨水の浸入をシャットアウトし、雨漏れやそれに伴う、建物内部の腐食を防ぐことができ、建物をより長持ちさせることができます。

また、防カビ塗料は優れた超低汚染性を誇り、カビをはじめとする様々な細菌、藻類の発生を抑える性能を持った外壁塗料です。カビは放置すると次第に外壁全体に広がり、塗膜の性能を弱めてしまうほか、外観を損ねてしまうというデメリットもありますので、日当たりの悪い立地の家や、湿度が高い地域では特におすすめの塗料と言えます。

施工技術が高い業者を選ぶ

塗料や外壁の耐用年数を少しでも長く保つためには、やはり丁寧な施工が必須です。規定の塗布量を守り、きちんと下塗りをして密着度を高め、中塗り、上塗りと時間をかけてじっくりと行ってもらいましょう。業者によっては、下塗り~上塗りの3回塗りだけでなく、4回塗り、5回塗りにも対応してくれるところがありますが、しっかり塗料が塗られて丈夫な塗膜が作られることで、耐用年数も向上させることができますので、心配な人はお願いしてみるのもおすすめです。

また、塗装そのものだけでなく、高圧洗浄のあとの乾燥が十分でなかったり、下地補修が甘かったりすれば、これだけで本来の耐久力は発揮できません。外壁塗装の実績が豊富で、確かな施工技術を持った業者に依頼したいところです。

ページのトップへ